スポンサーリンク



疲労回復とむきあう

疲労回復と向き合う・期間を考える

スポンサーリンク

疲労回復と向き合う・期間を考える

日々の疲労回復について皆さんはどう感じていますか?

体が回復することを考えて生活することは、

簡単ではありません。

「疲れた」が口癖になっている人もいますよね。

「よっこいしょ」が多くなった

疲れているのがあたりまえだ。

生活していかなくてはいけないので、

疲れる・疲れていないとか言っていられない。

疲労が蓄積していく

毎日の事ですが、昨日より疲れが酷くなったと、

気がついていながら、疲労回復を意識しないで、

生活をしている方が多いのではないでしょうか?

疲れと向き合うことができているのか?

疲れと向き合うことができているか?と聞かれると、

向き合っているとは自信をもって言えないですよね。

疲れと向き合うことがができる人は、

時間・お金に余裕がある人だと思っていませんか?

疲れと向き合うことの難しさは、

疲れと向き合うことに、正解がないからです。

何に疲れているのか?わからないことも理由ですね。

疲れているから、友達と温泉に旅行に行った。

温泉は疲れがとれそうですが、

友達と温泉で疲れた。

旅行中で気をつかって、家に帰ってグッタリした。

旅行にいく必要があったのか?

友達を選ぶ必要がある?など、

すっきりしないストレスが残ります。

疲れが解消される期間を考える

疲れが解消される期間を考えてみると、

疲れは人により疲れの度合いと考え方が違ってきます。

年齢・慣れている作業や運動・初めての作業や運動など、

疲れ度合いの環境も違ってくるので

疲れた内容と疲れがとれない期間など、

さまざまです。

  • その日に解消される疲れ
  • 朝起きたときに感じる疲れ(昨日の疲れ)
  • 1週間後は楽になった
  • 1ヶ月
  • 半年

疲労回復の期間を決める

その日の疲れを解消することができれば、

朝起きたときには、疲れを感じることはないですが、

その日の疲れを解消することができるのは、

簡単ではなく工夫して体のメンテナンスしていくか、

週末にまとめて体のメンテナンスをするなど、

疲労回復の期間を自分自身で考えておくことが大切ですね。

疲労と向き合う期間を決める

毎日のセルフケアが難しい場合は、

プロにお任せすることがお勧めです。

予算を決めておく必要がありますが、

1ヶ月間のにマッサージをお願いしたり、

整体は半年などと決めておくと、

体のメンテナンスになります。

疲労と向き合うことの期間を決めることで、

疲労回復につながります。

↓ランキング参加しています
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク



-疲労回復とむきあう
-

Copyright© 疲労回復リカバリー , 2022 All Rights Reserved.