スポンサーリンク



疲労回復とむきあう

リカバリー・回復するとは?どんな意味なのか?

スポンサーリンク

リカバリー・回復するとは?どんな意味なの?

リカバリー・回復するとは?

どんな意味なのか?考えてみました。

最近では、リカバリーウェアなどの商品も

販売されているのでリカバリーという言葉も、

知っている方もいるでしょうが、

しかし、ほとんどの人はリカバリーと聞くと、

パソコンのリカバリーが思いつくようです。

リカバリーを直接に訳したら、

「回復する」「取り戻す」と言う意味です。

「回復すると言う事は、以前は元気だった」と言う事になります。

「今は元気ではないけど、以前は元気だった」

「以前のように元気になりたい」

リカバリーと言わない状態は?どんな状態なのか?

体の疲れではなく慢性的な病気で、

長い間体調が悪い。

病気の治療や手術が必要な場合は、

リカバリーとは言わない。

体の特定できる場所が痛い場合も専門医に、

診てもらう事が大切です。

リカバリーするという事は、健康な生活に戻る

リカバリーするという事は、

健康な生活に戻れる事です。

体の疲れをだるさを軽減して、

以前のように健康な生活に戻りたい。

日々、リカバリーする事を考えて生活すれば

若い時と同じようには出来なくても、

ある程度の疲れで回復できるのではないでしょうか?

リカバリーで大切なのは、疲労をためない事です。

疲れたら回復を意識する。

自分の体を若い時と同じように関わらずに、

体をいたわりメンテナンスをしていく事が大切です。

自分なりのリカバリーのやり方を決める

自分なりのリカバリーのやり方を決める

事が大切になってきます。

自分なりのリカバリーのやり方ですが、

自分自身が毎日の疲れと向き合う時間が、

必要になります。

毎日の疲れをその日のうちに、

とることができればいいですが、

毎日のことですよね。

数日の間でできる事や、

簡単に続けていける事を考えてみましょう。

体のメンテナンスとしてはじめてみましょう

毎日できる体のメンテナンス

毎日できそうな事からはじめてみましょう。

少しの意識が体の体調の変化としてでてきます。

○分○時など、自分の生活スタイルに合わせて、

無理のないように決める事が大切です。

深夜勤務にある方は、

自分自身で睡眠時間を8時間に設定するなど、

無理のないようにしましょう。

毎日できそうな体のメンテナンス

毎日できそうな体のメンテナンスですが、

無理をしないで出来る範囲からはじめてみましょう。

今日はストレッチだけ、明日は夜9時までに寝ようなど

毎日のことです無理しないでやってみましょう。

  • 朝起きたらストレッチする
  • 朝起きたらお水を飲む
  • お風呂に○分つかる
  • 夕食は○時までに食べる
  • 夜寝る前にストレッチする
  • 夜は○時までには寝る
  • 冷え・むくみを減らす

毎日長い時間がとれるわけではないので、

体のメンテナンス手帳を用意して、

自分の体の疲れや不安などを書き留めておいて、

週末に疲労回復のメンテナンスをする事でも、

体に疲れは違ってきます。

週末・お休みの時にまとめてメンテナンス

  • ストレッチする
  • 軽い運動する
  • ゆっくり湯船につかる
  • セルフマッサージをする
  • ストレスを解消する
  • 温泉・カラオケなどストレス解消できること

自分の体に意識をもつ

自分の体に意識をもつ事は大切ですよね。

「疲れた」が口癖になっていて、

「疲れているのがあたりまえ」の状態になってきます。

「疲れた」から寝よう。

寝るだけでは若い時のように体は回復しません。

元気な人に話を聞いていたら、

何かしらの体のメンテナンスをしている方ばかりです。

自分にあった簡単にできるリカバリーがあれば、

続ける事ができそうですね。

↓ランキング参加しています
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク



-疲労回復とむきあう
-

Copyright© 疲労回復リカバリー , 2022 All Rights Reserved.