スポンサーリンク




冷えの解消

冬だけじゃない夏の冷え対策

スポンサーリンク

夏の冷え対策

夏の冷え対策をしていますか?

冬の冷えは気になるけど夏の冷え対策をしていない人は多いようです。

夏の通勤電車・バスの冷房・スーパーでのお買物で食品売り場の冷気

職場の文句の言えない温度設定・夏の冷え対策をしていますか?

夏の時期は冷房を使用することもあり、温度差があり体の冷えを気にする人もいると思います。

夏の体の冷え対策をすると体調も良くなってきます。

日々の疲労回復にもつながってきます。

外に出ると暑い、室内は冷房で涼しいことが当たり前で、

冷たい飲み物も飲みたいし、冷たい食べ物も食べたいし、

暑いので肌の露出が多く、体を冷やす原因もあり体温の調整が難しいです。

体調を崩す前に生活習慣を見直して、夏の冷え対策をしましょう。

スポンサーリンク




夏の温度差

夏の温度差は辛い時があります。

冷房のきいている室内と暑さを感じる室外の温度差は、体にとっては辛いものです。

自律神経の働きも乱れて、冷えにつながります。

エアコンの温度設定

エアコンの温度設定は28℃を目安にしましょう。

世の中では28℃設定を進めているようです。

暑がりの人からすると28℃設定には不満があるようです。

28℃で設定にして、冷え症の方は寒さ対策をすることが

人間関係をスムーズにすると思います。

扇風機・除湿機などを使用して、空気・冷気の循環をしましょう。

冷気の寒さ対策

冷房の温度設定を管理することが大切です。

仕事場・家庭で冷房の温度設定に関して、話し合いをして温度の管理をするようにしたいですが、人によっては暑がり・寒がりの意見がわかれます。

寒さを感じる場合は、長袖・膝掛け・腹巻き・レッグウォーマー・靴下など、大げさに思うかもしれませんが、寒さ対策をするようにしましょう。

職場では周りの目も気になりますが、寒さ対策はできることからやることが大切です。

日中の冷房と夜の冷房

日中の冷房が寒かったと感じときは、夜の冷房の温度設定を変更したり、タイマーで時間を決めたり、1日の間で調節することもできます。

家でできることをやろう

家では暖かい食事・飲み物をとるようにする。

暑い時は暖かい飲み物は難しいので、時間をおき温度を下げて飲むことはオススメです。

職場では温度管理が無理な方は、家族内では温度調整ができる場合もあります。

なるべくその日のうちに疲労回復につながる行動をとりましょう。

スポンサーリンク




冷たい飲み物・食べ物を知っていますか?

身体を温めることを積極的に考えて、食事内容を考えましょう。

冷たい飲み物は飲みたいし。食べたいですよね。

冷たいものを食べすきには気をつけるようにしましょう。

そうめん・そば・アイスなどを食べ続けることは避けてましょう。

内臓を直接冷やしている意識をもちましょう。

ランチのときでも、スープ・お味噌汁・食後のドリンクなどを暖かいものにすることがオススメです。

食後のドリンクでホットコーヒー・緑茶は温かくても、身体を冷やす飲み物ですので飲み過ぎは注意です。

紅茶・ココア・ウーロン茶・生姜湯・ゴボウ茶などです。

他にも今日ランチはは冷たいものを食べたから、夜は暖かい食事と身体を温める食材を選ぶなどの工夫をしましょう。

温かいだけをではなく、食材も気にしてタンパク質・ビタミンE・鉄分なども必要です。

タンパク質

お肉・お魚・大豆

発酵食品

味噌・納豆・チーズ・ヨーグルト

ビタミンE

かぼちゃ・アーモンド・クルミ・卵

鉄分

ひじき・ほうれん草・プルーン

冷たいものを飲まない・食べないは続きません。

身体を冷やす食べ物・身体を温める食べ物を知っておいて、食事の献立を考え冷えを防ぎましょう。

身体を冷やす食べ物

トマト・きゅうり・スイカ・バナナなどフルーツ

身体を温める食べ物

生姜・にんじん・レンコン

食欲がない・ダルいからと言って、冷たい物ばかり食べる食事を続けたり、

軽食で済ませるとタンパク質・ビタミンが不足します。

どうしても食欲がでない場合は、サプリメントを活用しましょう。

飲み物・食べ物で身体を温めましょう。

肌の露出を防ぐ

肩・足など肌の露出が多いと冷房の冷気の冷えで手足が冷えてしまいます。

足先から熱を奪い、血液・体液を押す戻すことができず、足のむくみも気になってきます。

スポンサーリンク




身体を温める入浴は湯船につかる

夏場はシャワーで済ませる人も多いでしょうが、夏場でも湯船につかるようにしましょう。

手足など冷えてる部分もあります。湯船につかって身体をあたためましょう。

身体を温める運動をする

夏場は運動することをためらうことが多いです。

適度な運動で体を温めるようにしたいですね。

夏場は激しい運動をさけ、歩く・速く歩く・階段があれば使用する

ヨガをやるなど工夫をして運動不足を解消しましょう。

夏の冷え症の症状

夏の冷え症の症状は、どんな症状なのか?

ダルさがある・頭痛・食欲不振・手・お腹・腰・足の冷え・むくみ・肩こり症状はたくさんあります。

夏の暑さを感じると、ついつい冷たい飲み物・食べ物を摂ってしまいがちです。

気にしているつもりでも、体の冷えを悪化していることもあります。

夏でも手足が寒いと感じ人は、自分が夏場でも冷え症なのか?

という自覚をもって生活をする必要があります。

スポンサーリンク




夏の冷え対策の感想

毎年夏の冷え対策をしています。

熱中症もあるので夏の体の冷えをどうすればいいのか考えてしまいます。

個人的な意見です。

冷えの解消のカテゴリー

↓ランキング参加しています
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク




-冷えの解消
-

Copyright© 疲労回復リカバリー , 2022 All Rights Reserved.