スポンサーリンク




肩こりの解消

肩こりの治療とセルフケアで解消

2020年3月12日

スポンサーリンク

肩こりを治療とセルフケアで解消しょう

肩こりに悩んでいる人は多いですね。

肩こりを解消しょうと思っても、

日々の疲労の蓄積で肩こりも簡単には

解消できない場合があります。

肩こりの原因に関しては下記をご覧下さい。

↓↓下記は、肩こりの原因を考える

肩こりの原因を考えてみましょう

肩こりなのか?診察してもらいましょう

肩こりで辛いと思っていても、

肩こりでない場合もあります。

自分の症状が肩こりなのか?

整形外科で診断してもらいましょう。

肩こりの治療の種類が多い

肩こりの治療としてはたくさんの種類があります。

整形外科での診察後、リハビリができる病院もあります。

整体などもありますが、

どんな治療をすればいいのか?悩みます。

たくさんの情報で何をすればいいのか、

わからないのが現状です。

しかし、どの治療でもやってみることです。

治療していく中で自分にあった治療が見つかると思います。

合わないかな?と感じたらやめることです。

先生との相性もあります。

何かいいとは個人の見解では言えませんが、

良い所と気になる所があり、

全て良かったとは言えないのが現状です。

下記は、私自身が体験した治療です。

  • 整形外科の湿布薬
  • 整形外科のリハビリ
  • 整体
  • カイロプラクティック
  • マッサージ
  • リンパマッサージ

スポンサーリンク




自分自身の肩こりって、凄いの?

私自身は色々な治療を体験しました。

自分自身の肩こりの酷さに直面しました。

先生に肩こりの凄さ(固さ)を指摘されて、

首・肩・背中・左右の固さの違いなどを、

教えてもらいました。

自分が思っている感じとは違っていて、

客観的に言って下さって感謝しています。

肩こりの治療のオススメは?

治療としてオススメは?と聞かれると

人それぞれだと思いますが効果はありました。

まずは、色々な治療をしてみたかったです。

肩こりの治療している病院・お店は多いので、

まずはプロにお任せしてみることをオススメしています。

日々の肩こりのセルフケアだけでは、

改善しない肩こりもあります。

無理をしないで治療をしましょう。

スポンサーリンク




肩こりの治療で言われること

肩こりの治療をして言われることがあります。

どの先生にも言われることが、

  • 姿勢が悪い
  • お腹の筋肉が少ない
  • 運動不足
  • 冷え症

結局は、肩こりの原因・理由はたくさんあること、

日常の生活を改善する必要があると、

思ってきました。

肩こりの治療費が凄く高い

私自身の肩こり治療の体験ですが、

肩こりの治療費が凄く高くて

治療を続けること難しいと感じました。

時間とお金が自由に使えないことです。

時間とお金がたくさんある方には問題はないのでしょうが、

私自身は年間で肩こり治療に15万円以上は使用していました。

マッサージは3,000円位から

リンパマッサージは10,000円位からです。

評判のいい遠いお店に通うと交通費・宿泊費が必要になります。

治療費が高いので肩こりの治療を後悔しているのではありません。

毎日の肩の疲れをその日に回復できないか?考えています。

セルフケアで肩こりを解消したい

セルフケアで肩こりを解消したいと思ってきました。

考え方を変えて日々の生活でセルフケアをして、

肩こりが酷くなったら治療するようにしたい。

と思うようになりました。

現在は肩こりの治療はしていません。

セルフケアだけで肩こりを解消できるまでになりました。

スポンサーリンク




肩こり解消する、仕事場で気をつけよう

肩こりを解消したいと思ったとき大切なのが、

仕事場での姿勢や目の疲れなどを軽減することです。

仕事場での肩こりの解消は簡単ではないですが、

少しでも気をつかっておくと家でのセルケアが簡単になります。

  • 姿勢に気をつける
  • 長時間の同じ姿勢を続けない
  • 目の疲労を少なくしましょう
  • 体のストレッチを意識しましょう

↓↓下記は、目の疲れに関する内容です

目の疲れを回復したい

肩こり解消する、家でのセルフケア

体を温める

体を温めことが大切です。首・肩を冷やさない

湯船につかりましょう

↓↓下記は、入浴に関しての内容です

入浴の大切さを考える、疲労回復を目的にしたお風呂

体の冷えを改善しましょう。

↓↓下記は、体の冷えの原因に関しての内容です

体の冷えの原因について考える

体を動かす

日頃のストレッチや軽い運動をして血流改善する

筋肉の緊張を和らげましょう。

姿勢をよくする

猫背になっていたら肩に負担がかかります。

家でストレッチをやろう。

筋肉をつける

お腹・背中・腕に筋肉をつけましょう。

スポンサーリンク




まとめ 肩こりの治療とセルフケア

個人の見解としてですが、

肩こりの治療する場合は、

整形外科で肩こりなのか診断してもらうこと、

治療の種類は多いし好みもあるけど、

肩こりが酷い場合は治療することです。

家では肩こりのセルフケアをすることです。

↓ランキング参加しています
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク




-肩こりの解消
-

Copyright© 疲労回復リカバリー , 2022 All Rights Reserved.