スポンサーリンク



冷えの解消

体の冷えの原因について考える

2020年2月13日

スポンサーリンク

体の冷えについて考えてみた

寒い時期になってくると「体の冷え」が気になります。

しかし、夏でも「体の冷え」が気になります。

足・腕の冷えが夏場でも気になっています。

疲労回復を考えると冷え症を改善することは大切です。

体が冷えた状態では疲労回復は望めません。

体の冷えを見直すことで疲労回復につながります。

体の冷えについて考えてみました。

冬になると体の冷えが気になりますが、

冷えの原因をみていきましょう。

なぜ身体は冷えるのでしょうか?

スポンサーリンク



体を冷やす習慣を見直す

冷え症だという自覚があっても、

冬だから仕方ないと思っている方もいるでしょう。

冷え症の改善は日々の努力が必要になります。

冷え症の原因はひとつではなく、

色々な原因がありトータルで考えていかないと、

冷え症は改善されません。

体を冷やす習慣を知らないで、

日々過ごしている場合もあります。

体を冷やす「冷えの原因」を知りましょう。

スポンサーリンク



食生活から考える体の冷えの原因

偏った食生活によるビタミン不足

食生活によるビタミン不足を考えてみましょう。

ビタミンC・B・Eが不足していないですか?

食生活を見直してみる必要があるかもしれません。

ビタミンC・・・緑黄色野菜など・みかん・いちごなど

ビタミンB群・・豚肉・大豆・玄米など

ビタミンE・・・うなぎ・アーモンド・カボチャなど

豚肉

偏った食生活によるミネラル不足

食生活によるミネラル不足を考えてみましょう。

カルシウム・鉄などが多く含んでいる食べ物を、

食べるようにしましょう。

カルシウム・・・魚・大豆・牛乳など

鉄・・・レバー・魚など

サプリメントを利用する

ビタミン・カルシウム・鉄など全てを補うことは、

簡単ではありません。

サプリメントを利用することもできます。

不足している分をサプリメントで摂取してみましょう。

体を冷やす食べ物を食べ過ぎている

体を冷やす食べ物を多く食べていると、

冷えの原因になります。

体を冷やす食べ物を知っておく必要がありますね。

体を冷やす食べ物

なす・トマト・キュウリなど

体を温める食べ物

玉ねぎ・にんじん・しょうが・鶏肉など

お水の飲み過ぎている

お水を飲むと体にいいと思って、

「1日にお水2リットル」

お水を飲んでいる方もいますが、

お水は適量を飲むようにしましょう。

運動していない方が大量にお水を飲むと、

胃腸の動きが悪くなり体が冷える原因になります。

スポンサーリンク



体の血行不良による体の冷え

姿勢が悪く血行不良になる

お仕事中に同じ姿勢のまま長時間の勤務時間で、

姿勢が悪くなり血行不良になっているかもしれません。

座っている時間が長い方は、

下半身の血流が悪くなり血液が流れにくいです。

暖かい環境を考えてない

暖かく過ごす環境を考えてない場合があります。

湯船につからないことで体全体の温度があがらない。

お風呂後も体が冷えないように、体を温める工夫をしていない。

↓↓下記は、入浴の大切さを考えてみました

入浴の大切さを考える、疲労回復を目的にしたお風呂

運動不足で筋肉量が少ないこと

体の筋肉を意識していますか?

最近の体重計では体の部分の筋肉量がわかります。

自分自身の体の筋肉量を把握してみてください。

若い時は運動したという方、

運動しないと筋肉量が少なくなっていきます。

体の筋肉量が少ないことが、体の冷えの原因になります。

スポンサーリンク



自律神経のバランスが乱れている

自律神経のバランスが乱れていることも、

体の冷えとかかわっています。

睡眠不足・ストレスなどで自律神経のバランスは、

乱れていることがあります。

自分では自覚できない場合もあるので、

睡眠に不安がある時は、

専門家の先生に相談するようにしましょう。

睡眠不足で自律神経が乱れる

睡眠不足で自律神経が乱れることで、

体の冷えの原因になります。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の

2種類があります。

交換神経は日中の活動に影響がある自律神経

副交感神経は、体をリラックスさせます。

副交感神経は睡眠時に大切ですが

寝る前のパソコン・スマホを見る行動は

交感神経を働かせてしまいます。

体を休める副交感神経が活動するのを妨げてしまいます。

睡眠は大切です交感神経を働かせる行動を

控えるようしましょう。

ストレスで自律神経のバランスが崩れる

精神的なストレスや緊張で自律神経のバランスが崩れてきます。

ストレスや緊張は自律神経のバランスを乱す原因になります。

血流が悪くなって冷えやすくなるという

悪循環になってしまいます。

ストレスがたまっていないと思っていても、

眠りが浅く感じているなどの症状があれば、

自律神経が乱れているのかもしれません。
スポンサーリンク



まとめ 冷えの原因が多い

冷えの原因の多いことがわかります。

日々の暮らしのなかで全て改善していくことは、

難しいですがコツコツと意識していくと、

冷えは改善されていきます。

↓ランキング参加しています
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク



-冷えの解消
-

Copyright© 疲労回復リカバリー , 2022 All Rights Reserved.